サイト内検索 powered by Google
 
 ◆全国医師連盟について  ◆イベント情報  ◆解説・オピニオン  ◆リンク他


「福島県立大野病院事件判決に際して、全国医師連盟の声明」

はじめに、今回の手術でお亡くなりになられた方、そして御遺族 の皆様方に心より哀悼の意を捧げます。

平成十六年十二月十七日、福島県立大野病院で、患者さんが帝王 切開術中の大量出血によりお亡くなりになりました。この手術を担 当した産婦人科医は、業務上過失致死罪(刑法211条1項)および異 状死の届出義務違反(医師法21条違反)容疑で逮捕、起訴されまし た。本年八月二十日には、一審判決の言い渡しが予定されています。

予期しない医療事故が生じた場合、後遺症を負った患者さんや御 家族、あるいは患者さんが不幸にして亡くなられた場合の御遺族に は、耐え難い悲しみが襲いかかります。同時に、現実生活の上で経 済的困難が大きく立ちはだかります。
現在の医療技術や診療環境の実際においては、どうしても不幸な 医療事故をゼロにすることは出来ません。

不幸な医療事故が起きたときには、それが医療従事者による過失 によるものだったのか、あるいは人の力では如何ともし難い結果だ ったのかを問わず、こうした患者さんや御家族・御遺族を社会的に 慰撫し、経済的に救済する必要があります。
私達医師は、国によってその制度が設立されることを望み、また 制度設立のために協力を致したいと思います。

もう一つ重要なことが有ります。
この事件では、担当医の逮捕、起訴という衝撃もあり、多くの医 療団体及び医学系の学会から「これでは医療が出来ない」との抗議 声明が出ております。
多くの医師達は、本件訴訟において検察側・弁護側の立証から明 らかになった診療経過を検討し、本件担当医と同じ診療条件に置か れた場合、最善の医療を施しても助け得なかったのではないかと判 断しています。
また、日常診療における予期しない死亡事故が起こったとき、最 善の医療を行っていても、不幸な結果のみで過失犯として断罪され る危険を強く感じました。
私達は、本件の逮捕、起訴が誤りであったことを確信しています。

私たち医師は、救命救急活動中や日常診療中に予期しない事態に 遭遇することはまれではなく、その際、判断を瞬時に行わなければ 患者さんの死に直結します。その一連の医療行為を後で検証すれば、 正しい判断であったかどうか不明な部分は必ず出てきます。
しかし、それは後方視的検討によって浮かび上がる問題点であり、 今後の医療の改善に役立つ情報ではあっても、その当時に通常の医 師として為すべきことを為したかという過失認定とは異なるもので す。従って、救命活動などの緊急時の医療行為は、多くの場合、業 務上過失致死罪の成立が阻却されると考えます。

医療事故に対して無闇に刑事訴追を行うことは、国民と医療者と の対立を深め医療現場の荒廃を生み、その結果が国民には、十分な 医療を受けられないという不利益となってはね返ります。
福島大野病院事件のような事件を、二度と繰り返してはなりませ ん。国民に必要な医療を守り医療事故から救済するために、全国医 師連盟は以下の事を主張いたします。

医療過誤の有無を問わず不幸にして予期せぬ医療事故に会われた 患者さん、御家族、御遺族への社会的慰撫と経済的救済を行う制度 の設立を強く望みます。私達医師は、その救済制度実現に協力いた します。

また、救命活動時の医療行為に対する刑事罰適用は限定し、刑事 訴追を回避する法的整備を望みます。

これらの救済制度の実現と刑事訴追回避のための法整備は、国民 と医療の未来の為に、是非とも必要な措置であると信じます。

平成二十年八月五日
全国医師連盟