サイト内検索 powered by Google
 
 ◆全国医師連盟について  ◆イベント情報  ◆解説・オピニオン  ◆リンク他


賛同の署名とご意見11

年齢 職業 地域 コメント
40〜49歳 医師 関東 賛同します
30〜39歳 勤務医 関東 この法案が成立するのなら、医療にやりがいを感じられなくなるでしょう。苦しみ病んでいる人を助けたいという献身的な医療行為は、もはやこの国には必要ないのだと自分は受け止めます。
20〜29歳 学生 東海 学生の分際ですが、入学したときの、人を助けたいという望みを持ち続けて医学の勉強に打ち込める社会の環境を強く望みます。ドクターの書かれるブログを読むと、果たして自分の選んだ道が正しかったのか不安に駆られます。
40〜49歳 医師(大学院生) 九州 刑事責任を問われる資料となるのなら、断固反対します。医療安全調査委員会が、真実を追究されるためのものなら、免責が最低条件だと考えます。
50〜59歳 医師 九州 日本医師会が主体となるべきなのでしょうが...
40〜49歳 医師 中国 絶対反対です
30〜39歳 コンピュータ関連 東海 医師の方々が危機に立ち向かっているのに、一般人としてなかなかサポートできず、申し訳ない思いです。日本の医療を今以上に混乱させる法案が可決されないことを祈ります。
50〜59歳 医師 東海 委員会第2案も自民党案も、立法の趣旨をいつの間にか忘れている。いわれなき刑事罰や訴訟におびえることなく、患者のために我々の全力が尽くせるような法整備をすべきだ。刑事裁判への報告書の使用は許されない。
30〜39歳 医師 北海道 この法案が通れば萎縮医療にならざるを得ないでしょう。萎縮医療にならないようにできるというのは詭弁です。人体という不確実性な対象を扱っている上で結果が悪い事は確率論的に発生します。結果が悪い=失敗と扱うならば失敗しても、失敗を取り返すぐらい 頑張らなければいけない環境が人を育てます。結果が悪い=失敗→逮捕の可能性というシステムであれば悪い結果が起こる可能性のある分野人様の命を預かる分野から有能な人材がいなくなる事は自明な事だと思います。
30〜39歳 医師 東北 医療安全調査委員会新設に反対します。
30〜39歳 会社員 近畿 趣旨に賛同します。この一件、患者側にとっても重要な事項なのですが・・・非医療者の署名が少ないのが残念です。そちらの方への浸透戦略について、一考の余地があるかもしれません。
60〜69歳 内科医師 甲信越 趣旨に賛同致します。
30〜39歳 医師 近畿 がんばってください。
50〜59歳 i医師 東海 法案の前段階の議論があまりに足りない。最低でも、司法に横流ししない、届出へのペナルテイーを限定し、厚労省とは独立した組織にすべきと思う。予算、人もかなり必要。今のモデル事業の総括をもう少しふまえてからでも遅くない。条文になれば一人歩きするし、解釈も通達、通知などでいくらでも変わることは歴史が示している。
40〜49歳 救急救命士 海外 医療崩壊が一番の問題となっているときに、医療崩壊を進めてしまう制度を作るのは頭のいいやり方ではありません。スェーデンなどのやり方を見習って医者を保護すべきです。今後医者を守るため、それから、ひいては国民を守るため、賢明な方針策定を望みます。
30〜39歳 消化器内科医 四国 声が届きますように。医師となったことを後悔しない働き方ができますように。
40〜49歳 医師 北陸 絶対に反対です。
30〜39歳 医師 北海道 趣旨に賛同します。ハイリスクな治療をするな、と言っていることと同義だと気づいていないのでしょうか・・・?
30〜39歳 医師 東海 とにかく、医師個人の刑事責任を追及する形につながる体制に断固反対です。医療崩壊をますます促進するだけです。
30〜39歳 医師 中国 現行のままでは魔女狩り容認の組織となってしまいますのd、熟考を重ねていただきたいと思います。
40〜49歳 医師 関東 厚労省及び自民党案は、今日の医療崩壊を解消するものとは到底考えられないため反対致します。行政には医療崩壊後7年もの努力でも復興しない英国の事例を教訓に、医療完全崩壊を防ぐべく、現場医療者と国民の意思を汲んだ機関を設立することを求めます。

<署名10へ 署名12へ>