サイト内検索 powered by Google
 
 ◆全国医師連盟について  ◆イベント情報  ◆解説・オピニオン  ◆リンク他


賛同の署名とご意見7

年齢

職業

地域 コメント
20〜29歳 医師 関東 声明に賛同いたします。医療調査委員会新設に反対します。
30〜39歳 研究(留学中) 近畿 応援しています。
40〜49歳 医師 近畿 全面的に賛成をして支持いたします。「医療安全調査委員会」自体は是非とも必要ですが、今作ろうとされているのは既に崩壊しつつある医療の最後のトドメを刺す暴挙だと思います。少なくとも刑事事件の免責がなければ、システム改善に活かすことは出来ません。普段の診療の忙しさに流されて積極的な関与は難しい状況ですが、可能な範囲での協力はさせていただきます。
40〜49歳 勤務医 北陸 司法や警察やメディアの一部は医療の結果を医療関係者のみに責を負わせ、罰すれば医療の質が改善すると考えているように見える。現在の医療も問題点は多いが、的外れの批判や恣意的な処罰は医療を崩壊させる効果しかもたらさないと思う。医療の問題点を現場の医師個人に向けることは理性的な考えでない。
20〜29歳 IT技術者 関東  医療従事者は、患者の生活や命を維持するためのサポートを行うのが使命であって、個別の死に対して責任を取る立場にはない。ましてや、遺族や第三者機関から責任を取らされる立場になるはずがない。なぜなら医療機関が無ければ、その患者には不幸な結果しか待ち受けていないからです。現在の日本では、多くの患者が偶然運良く医療機関にかかることができて、運良く治療してもらうことができているだけであり、運悪く治療が効果を発揮しなくても、医療事故に遭ったとしても、医療機関がないよりはましな状態であるはずだからです。医療事故に遭いたくなければ、医療機関にかからず病気・けがに耐えれば、各個人としては解決だと考えております。 基本的に各個人の生活や命に責任を持てるのはその人自身のみであり、その運命は何人にも左右されるものではないと考えます。 そのような立場から、答申にあるようなミスをした医者を提訴するような刑事・民事手続きに関わる第三者機関の設置は不要だと考えます。特に、遺族側に寄った活動を行う機関など全く必要ありません。それは、遺族の悲しみを引き延ばすだけであり、そのような活動で幸せになる人はどこにもいません。しかしながら医療事故に対して、科学的に原因を究明し、医学医療の発展と医療事故の再発防止に役立つよう機能するような仕組みは必要だと考えます。それにより、より不幸な結果を減らすことができると信じております。
30〜39歳 医師 関東 ますます医療を混乱・崩壊へと導くと思います。しかしこの重大さが医師も一般の方へも浸透していないのが残念というか不気味です。
30〜39歳 医師 関東 魔女狩りではなく、適正な科学的検証が行われるシステムができるよう願います。
30〜39歳 医師 九州 日々是よろずER診療(ブログ)を愛読しています。それに感銘を受け、署名をさせていただきました。
30〜39歳 医師 中国 事故調の中立性を疑問視します。議論を尽くしたとは言い難い現時点で、次世代まで影響を及ぼす重要な決定をしようとする政府の姿勢に反対します。また、かような医療崩壊のトリガーとなる政府の動向に賛同した医師会・各学会にも深く失望しています。
30〜39歳 医師 九州 理工系の分野では、個人の責任追及が全体の安全の質の向上につながらないことは極めて明白であります。医療もまた然りです。今回提案されている「事故調」は、このような流れに明らかに逆行するものと思います。
40〜49歳 医師 近畿 現場の医師の状況を知らない、このような案は大反対です。これでは厚労省のための委員会で、医師、患者のためにはなりえません。皆さん一斉に声を上げましょう!
50〜59歳 精神科医 近畿 医療崩壊をこれ以上官僚の手で進めて良いのでしょうか?患者さんと医師が一緒に安心して治療を受け、治療する医療環境を作り上げて行ける為には、この医療事故安全調査委員会構想は、全く逆の効果しかもたらさないと確信します。医師のみならず、法律家の中でも意見が分かれているような状況で、財政危機が叫ばれている中で、運営開始時期まで決めて、このような『新・行政機構』を作ろうと画策するのは、何故でしょうか?社保庁解体の時期と、この『委員会』運営開始の時期が、非常に近いことを気にするのは、私だけ!?財務省の官僚サンにも席が用意してあるのかな…。
40〜49歳 勤務医 東北 医療安全調査委員会新設に強く反対致します。現在の社会システムとしての医療問題のゆがみを個人の責任問題にすり替える事は、医療の質の向上に有害無実です。良きサマリア人の法に則った社会正義の実現を望みます。
30〜39歳 医師 近畿 「人の命ははかなく有限であり、医療はそれを何とか救おうとする試みであること」そんな単純なことに非医療従事者が気づくのは、医療崩壊して医療を受けられなくなったときしかないだろうと諦めています。それでもこの法案には反対です。
40〜49歳 医師 関東 懲罰を視野に入れた、医療安全調査委員会新設に反対します。これでは萎縮医療はますます加速されるでしょう。
30〜39歳 医師 九州 声明に賛同します。
30〜39歳 医師 北海道 賛同します。
40〜49歳 医師 関東 キャンペーンの意思賛同し、署名いたします。
40〜49歳 医師 北海道 反対します。特に遺族が入ると真実よりも感情で裁かれてしまう
40〜49歳 勤務医 九州 御意見に賛同します。
40〜49歳 医師 近畿 遅くなりましたが,委員会の趣旨に賛同します.よろしくお願いします.
40〜49歳 医師 関東 全面的に同意いたします。あらゆる医療に対する破壊的なインパクトを持つ委員会です。
40〜49歳 医師 東北 「悪の黒幕を倒せば、正義と平和が訪れる。」「正しく呪文やアイテムを使えば、怪我も病気も、死んだ人さえもすぐに回復する。」というドラクエ脳のまん延が医療を滅ぼします。(ドラクエが悪いわけじゃありません)
50〜59歳 医師 東北 本当はストライキしたいところですが、そういう訳にもいかないので、まずは署名しました。
50〜59歳 外科医 東海 医療現場がどんどん疲弊し、修復できないほど壊れてきています。医療システムをこれ以上崩壊させないために、「法」は、人々の生活を守ることを視点において、決めてほしいものです。
50〜59歳 開業医師 北海道 早急、稚拙な、その場しのぎの体制作りには、断固反対です。大村代議士などは、これ以上の医療現場の崩壊を招いた時、結果責任を取る腹積もりがあるのでしょうか?
50〜59歳 医師 中国 これ以上医療と医師の心の荒廃をもたらす案を続ければ、本当に医療は成り立たなくなります。医者をまず糾弾するような案、司法が絡んできては防止効果はありません。早く厚労省はその愚に気づき、患者の方向だけ見たものではなく中立公平で、誰もが利用したいと思うような策を考えてください。
60〜69歳 医師 九州 このような縛りは、医療の萎縮、崩壊に拍車をかけます。絶対反対です!!
30〜39歳 医師 近畿 医療界の本当の現状を認識していただきたいと思っています。
40〜49歳 医師 近畿 医療を良くするためにも、医療を安心してうけられるためにも、何の役にもたたず、むしろ逆効果です。反対します。
70〜79歳 会社役員・エッセイスト 関東 人の死亡率は100パーセント。善意による医療過誤は、殺人でも傷害でもなくて、もっと良質の生を残すことができたかもしれない、ということです。誤りに学ぶ改善こそが、医療を進歩させる道だと思います。 過失致死、致傷とは違う論理での法体系と調査機関が必要なのではないでしょうか。
30〜39歳 医師 四国 私たちは患者を殺すために医療をしていません。それがわからないのでしょうか。

<署名6へ 署名8へ>